書籍の販売

電子書籍の端末

電子書籍とは書籍を表示するための電子データです。電子データにはいろいろな形式があり、その形式に対応した端末で読むことができます。

たとえば、epub形式の電子書籍であれば、epub閲覧ソフトをインストールすれば、パソコン、タブレット、スマートフォンのすべての端末で読むことができます。

それに対して、Amazon、Apple、Googleなどの電子書店が発売する電子書籍は違法コピーを防ぐためにそれぞれ独自の形式で作られているため、その形式に対応する端末でしか読めません。

たとえば、Amazonの電子書籍の場合は、Amazonの専用端末(Kindle Paperwhite、Kindle Fire、Kindle Fire HDなど)で読めるのはもちろんですが、そのほかに、専用のアプリをインストールすれば、Appleの端末(iPad、iPhoneなど)やGoogleの端末(Nexus、Androidスマートフォン)でも読むことができます。ただし、今のところ、日本語の電子書籍については、パソコンでは読めません。

参考: Amazonの専用端末以外の端末でAmazonの電子書籍を購入・閲覧する方法

Kindle for iPad/iPhoneサポート」(Amzaonのウェブサイトが開きます)
Kindle for Androidサポート」(スマートフォン用。Amzaonのウェブサイトが開きます)
Kindle for Androidサポート」(タブレット用。Amzaonのウェブサイトが開きます)

これに対して、Appleの電子書籍の場合は、Appleの端末でしか読めません。Amazonの端末やGoogleの端末やパソコンで読むことはできません。

また、Googleの電子書籍は、Googleの端末で読めるほか、Google Play ブックス アプリをインストールすればAppleの端末でも読めます。また、パソコンでも読むことができます。しかし、Amazonの端末では、現在、読むことはできません。

もしAmazon、Apple、Googleのすべての端末をお持ちで、それらの端末で同じ電子書籍を読みたい場合は、Amazonの電子書籍を購入するのが良いでしょう。

電子書籍の価格

電子書籍の価格は多様です。日本では、紙の書籍とほぼ同じ価格で発売されている電子書籍もあれば、その数分の一で発売されている電子書籍もあります。それはなぜでしょうか?

同一内容の本なのに、紙の書籍と電子書籍の価格がほぼ同一なのは、その出版社の戦略によるものです。電子書籍の価格を大幅に下げてしまうと、紙の本の売り上げが減ってしまうでしょう。そうならないように、また、現在の流通システムや町の書店に打撃を与えないように、電子書籍の価格を高く維持しているのだと思われます。

しかし、電子書籍は印刷・製本代や流通費(取次(卸売)会社や書店への輸送費)がかからないので、紙の本の場合の1/3程度の価格でも十分に利益が出ると思われます。

一方、電子書籍は、紙の本と違って、読者は自分で端末を用意する必要があり、また、読了後に古書店に売るとか、あるいは、自分のデータとして独占的に所有するとかいったこともできません。これは電子書籍の欠点とも言えます。

そのように考えると、電子書籍は、出版社による編集費がある程度は必要であるとしても、紙の書籍よりも大幅に安い価格で販売することが妥当だと思われます。

こうした事情から、紙の本と電子書籍の両方を出版している既存の出版社では、現状を維持するため、どちらもほぼ同じ価格で販売しています。それに対して、電子書籍のみを販売している新興の出版社では、類似の紙の書籍の数分の一の価格で販売している場合が多くなっています。

つまり、電子書籍の価格がかなり安いとしても、必ずしも、その書籍の内容が手抜きで作られているわけではないのです。

アートジャム電子書籍出版部でも電子書籍を出版していますが、どの本もお求めやすい価格に設定しています。

オンデマンド書籍とは?

オンデマンド書籍とは、本の内容をあらかじめ電子データとして蓄積しておいて、利用者の注文があったときに、その注文数に応じて印刷され、製本され、配送されるコンテンツのことです。オンデマンド印刷の本とも言います。

オンデマンド書籍は、紙の本として販売される場合と、DVDその他の形式で販売される場合があります。

アートジャムで扱っているのは紙の本(紙書籍)として提供するコンテンツです。同じ内容のコンテンツを電子書籍としても提供しています。どちらも Amazon から購入することができます。

電子書籍は注文手続き後すぐにダウンロードして手に入れることができますが、オンデマンド書籍は印刷・製本・配送の手間がかかるため、注文後、手に入れるまでに通常数日かかります。

また、オンデマンド印刷による書籍は、通常のオフセット印刷の書籍と比べて、多少印刷の精度が荒くなったり、本の装填が簡略化されます。

オンデマンド印刷は通常、在庫は作らず、注文に応じて1冊から制作します。しかし、中には、あらかじめ10冊ほど在庫を制作しておいて、注文に応じてその中から注文冊数を配送する業者もあります。これは厳密にはオンデマンド印刷とはいえませんが、通常の、大量に(数百から数千冊の)在庫をあらかじめ制作する従来の方法よりは、オンデマンド印刷に近いものと言えます。

オンデマンド書籍の価格

オンデマンド書籍は1点制作または小部数制作であるので、数千部制作される大量生産の書籍と比べると、1冊の単価が高めになります。

逆に言えば、オンデマンド書籍はそれだけ希少価値が高い本であると考えることもできます。

アートジャムの無料メールマガジンをどうぞ↓ 詳しい情報をお知らせします!

無料メルマガ★出版計画