メルマガバックナンバー

元々のメールマガジンはテキストメールですが、以下のバックナンバーでは、本文中のリンクを有効にしたり、YouTube動画を直接はめ込んだり、一部の情報を訂正したり、その他多少の修正をしています。ご了承ください。

声の個性と悩み★アートジャム [No.3]
声域は広がってから縮む [2013/9/2]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
声の個性と悩み★アートジャム [No.3] 声域は広がってから縮む
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

お元気ですか。アートジャムの石神です。

 

今日は声域(せいいき)についてご説明いたします。

 

声域とは、各人が出せる最も高い音から最も低い音までの範囲を言います。

まず、次の動画をご覧ください。

 

「声域は広がってから縮む」(約2分52秒)

 

この動画のように、声域は年齢とともに広がり、変声期を経て安定した後、やがて老化して縮みます。

 

日常の会話では声域をいっぱいに使い切ることはありませんが、歌を歌う場合は声域全体を駆使することがあります。

声域は個人差が大きく、訓練でかなり広げることができます。声域上限を高くすることは比較的簡単ですが、声域下限を低くすることはかなり難しくなります。

また、長期間にわたって無理な声を出し続けたり、大病を経験したり、不規則で不健康な日常生活をしていたりすると、声帯を痛めて、その結果、声域を狭めてしますことがあります。

喉の健康に気を使っているプロの歌手でも、全盛期を過ぎると、若いころの広い声域で歌えなくなることがあります。

いずれにせよ、声帯を一生健康に保てば、広い声域を長い間維持することができるため、メリハリのある若々しい声を保つことができます。

体の健康維持に気を付けるだけでなく、声帯の健康維持にも注意を払ってくださいね。

 

では、次回のメルマガでお会いしましょう。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

このメールマガジンの内容について、ご感想、ご質問、ご意見などありましたら、以下のフォームからお気軽にお寄せください。

 http://artjamu.com/book/comment/

 

==========================
Copyright(c)アートジャム★電子書籍出版部
http://artjamu.com/book/
許可なく転載することを禁止いたします。
==========================

 

メールマガジンの配信を停止されたい場合は、以下のページから読者登録を解除してください。

http://artjamu.com/book/mm/

アートジャムの無料メールマガジンをどうぞ↓ 詳しい情報をお知らせします!