Kindleなどの電子書籍端末のカラー化は何年先か?

Amazon Kindle Voyageや楽天Koboなどで発売している電子書籍端末をご存知ですね?

これらは、Eインクという表示パネルを使っているのですが、液晶パネルとは異なり、現在は白黒とグレー表示しかできません。

これらの端末を書籍専用に使うとしても、文字だけを読むなら問題ありませんが、最近の電子書籍の挿絵やグラフなどはカラー化しているので、白黒表示ではとても不便です。

しかし、カラー表示ができるEインクもすでに登場しています。

[続きを読む]

Amazonストアの違法レビュー

あなたは、Amazonなどのインターネットショップのカスタマーレビュー欄を見たことがありますか?

わたしは、買い物の時はよく参考にします。

しかし、そのレビューが悪用されたら・・・?

Amazonのカスタマーレビュー欄に嘘のレビュー(fake review)を有料で載せるステルスマーケティングが最近話題になっています。

[続きを読む]

オンデマンド紙書籍の表紙デザインを手軽に 大阪のIT企業が新サービス

表紙デザインのテンプレート例
IT企業のデザインエッグ社(東大阪市 )は、自費出版用の電子書籍とオンデマンド紙書籍1タイトルを4,980円で発行する出版サービス「MyISBN」を2013年3月から行っていました。しかし、書籍の中身は完成させたものの表紙をうまく作れない著者が多いため、表紙デザインを格安で行うサービス「MyCover(マイカバー)」を始めました。

あらかじめ決められたテンプレートの中からお好きなデザインを選ぶと、プロデザイナーが文字情報などを入れ替えて、仕上がりの表紙を作ってくれるものです。

[続きを読む]

ドイツの科学出版社が中国人の論文を取り消し~論文不正あれこれ

危険な論文
ネット社会になってから、いろいろと論文不正が話題になってきました。

最近のニュースとしては、

著名なドイツの科学出版社シュプリンガーが先週、査読に偽りがあった論文64編を取り消したと発表し、世界中で話題になったが、中国では誰がその論文を執筆したかで騒ぎになっている。

シュプリンガーは発表文で、「編集者のチェックによって電子メールアドレスが偽物であることが分かり、その後の内部調査で査読のリポートがねつ造であることを突き止めた論文64編を取り消した」と述べた。論文のタイトルや執筆者は明らかにされていない。

3月にも同様のことがあった。英国の出版社バイオメッド・セントラルが、偽査読があった論文43編を取り消したが、ほとんどの論文の執筆者が中国人だった。

[続きを読む]

Amazon Kindleにも消費税が課税!

消費税がやってくる
これまでの日本の法律では、電子書籍取引の事業体が外国にある場合は日本の消費税はかかりませんでした

たとえば、Amazon Kindleや楽天koboで販売する電子書籍で販売する電子書籍や音楽(MP3)ソフトには消費税がかからなかったのです。

これに対して、AppleのiBooksストアで販売する電子書籍の場合は、販売元が日本国内にあるiTunes株式会社であるので、もともと消費税を含めた金額で販売してきました。

Appleは別として、2015年10月1日から、Amazonやkoboの場合、消費税が加算されます。その結果、販売価格は変わらないものの、著者に渡る印税(ロイヤルティ)は消費税を差し引いて支払われるので、その分、印税金額が減ることになります。

[続きを読む]

書籍の原稿の作り方

並行出版のアートジャム

電子書籍もオンデマンド紙書籍も、まず1つの原稿を書いて、それから出版用のデータを作ることが出来ます。

そのためには、原稿は、Microsoft Word(マイクロソフトワード)またはWord互換ソフト(KINGSOFT Office、LibreOffice、Apache OpenOfficeなど)で書いて、docxまたはdoc形式で保存しておきます。

[続きを読む]

KDPで得た印税に対して日本の税金はかかりますか?

並行出版のアートジャム

Amazonストアで販売した書籍の印税に対して源泉徴収される米国の所得税は免除可能だと前に説明しましたが、日本の税金はどうなのでしょうか?

あなたが得た印税は、米国の税金がかかっていようといまいと、それとは別に、日本の税金(所得税)がかかります。

つまり、米国の税金が免除されていない場合、あなたは米国の税金と日本の税金の両方を支払う必要があるかもしれません。そうならないためには、米国の税金の免税手続きを必ずしておきましょう。

一方、日本の税金は、Amazonからの印税に対しては源泉徴収されませんが、その代わり、翌年に(通常の)所得税がかかります。つまり、あなたは所得税を支払うために、確定申告を、印税収入のあった年の翌年の2月16日から3月15日までの間に行わなければなりません。

[続きを読む]