やはり紙書籍の出版ですか?

並行出版のアートジャム

電子書籍と比べると、紙書籍には長い伝統がありますので、親しみやすく、使いやすく、その上、確かな権威があります。

自費出版する場合でも、最初は誰でも紙書籍の出版を考えることが多いのですが、出版の費用が数十万円から数百万もかかることがわかると、たいていの方は考え直します。

そして、電子書籍の出版も考えますが・・・電子書籍は、頼りなく、使いにくく、その上権威もない。

そう考えると、やはり、紙書籍の出版をしたいのですが、しかし金銭的なハードルが高い・・・もし売れなかったら、投資が無駄になる・・・

悩ましいですね。

ところが、紙書籍の出版に、ついに新時代が来ました!

[スポンサードリンク]





従来の紙書籍の出版は、書籍原稿からオフセット印刷で大量な部数を印刷して、製本して、それを全国の書店に配送するものでした。

しかし売れなければそれらの書籍は短期間の内に大量に返品され、出版社に在庫として保管されるか、あるいは、著者の家に送られます。その後、将来売れそうもない在庫はやがて裁断処分されて廃棄されます。また、売れたとしても、在庫がなくなった時点で販売終了(絶版)になってしまいます。

つまり、売れても売れなくても大量生産するため、無駄が多くなり、出版費用が高くなっていたのです。

このような大量生産式の出版方法に対して、新時代の方法が現れました。これは、プリントオンデマンド(POD、または、単に、オンデマンド)出版と呼ばれる画期的な方法です。

オンデマンド出版では、原稿のデータを出版社に保存し、そこから1冊単位で紙書籍を印刷し、製本し、お客に配送します。

これは、ほとんど無駄のない合理的な生産方式なので、出版費用も最小限に抑えられます。たとえば、デザインエッグ社の出版システムを使う場合、出版の費用は初期費用が約5,000円かかるだけです。その後は何冊販売されようが、追加の費用はかかりません。

ただし、大量方式出版ではないため、書籍の価格は従来の大量生産方式の書籍価格の2倍近くになります。そのため、書籍の売れ行きは大量生産方式の類書と比べて、かなり悪くなります。しかも印税率は10%なので、印税収入もごくわずかです。

しかし、このオンデマンド出版を電子書籍出版と組み合わせることにより、電子書籍の売り上げが確実に上がりますので、総合的には良い販売実績を生む可能性があります。

紙書籍の自費出版をお考えのあなた、オンデマンド紙出版に挑戦してみませんか?

もし全部自分で出版手続きをするのであれば、たった5,000円をかけるだけで、あなたの本を出版できるのです。あるいは、出版代行業者に面倒な処理を依頼する場合でも、10万円前後の費用があれば確実に出版できるのです。

そうすれば、数ヶ月か1年後には、あなたの書籍がAmazonのストアに並びます。今や、あなたは作家の仲間入りです!

さらに用心深い方は、紙書籍の長所と短所について、ここをご覧ください。

[スポンサードリンク]





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA