Amazonで販売した印税に米国の税金がかかる?

並行出版のアートジャム

米国の会社からあなたに印税が支払われる時、その金額に対して米国の所得税がかかるって、本当ですか?

本当です。

Amazonなどの米国の会社から日本の著者に対して印税などの金額が支払われた場合、それに対して米国の所得税が源泉徴収税という形で適用されるのです。(これはAmazonから印税が直接著者に支払われる場合に問題になります。印税がいったん出版代行業者に支払われる場合は当てはまりません。)

この源泉徴収税は、所得の30%にもなります。たとえば、印税が3,000円だとすると、3,000円×30%=900円が税金としてあらかじめ差し引かれてしまいますので、あなたが実際に手にするのは残りの金額、つまり、3,000円-900円=2,100円にしかなりません。

これはひどいですね。

しかし、この税金を免除してもらうことが出来ます。

[スポンサードリンク]





あなたが日本に居住している場合、米国の内国歳入庁(IRS)に適切な申請を行うと、この源泉徴収税は免除されます。

では、どんな申請を行えばよいのでしょうか?

次のことをしてください:

米国法人番号(EIN)の取得を、フォームSS-4という用紙を使って申請します(または、米国の個人用納税者番号(ITIN)の取得を、フォームW-7という用紙を使って申請します。
取得したEINまたはITINをフォームW-8BENという用紙に記入して、税金免除を申請します。

これらの申請方法はかなり面倒ですが、個人でも行うことが出来ます。米国の税金の詳細については、ここを参照してください。

なお、米国の所得税はこうして免除されますが、日本の所得税は免除されません。日本の所得税は、所得が多いか少ないかによって変わってきますので、ご自分で計算して、年1回の確定申告時に支払ってください。

[スポンサードリンク]





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA