米国法人番号(EIN)の取得方法

並行出版のアートジャム

自費出版の手続きをすべてご自分で行いたい場合、Amazonのストアで書籍を販売する時に米国の所得税の免除を受けるためには、EINが必要です。

ほとんどの日本人はEINを持っていません。そこで、まだEINをお持ちでない場合は、米国の内国歳入庁(IRS)にEINの取得を申請しなければなりません。

EINの申請をすべてご自分で行う場合は、無料で行うことが出来ます。

そのためには、フォームSS-4という用紙を取り寄せて、それに必要な情報を英語(ローマ字)でに入力して行います。

しかし、申請方法が良くわからない場合は、申請代行業者に頼めば2万円ほどでやってもらえます。

もっとも、出版代行業者に頼めば、通常、出版代行業者自身のEINを使うことが多いので、EINを改めて申請する必要はないことが多いようです。

[スポンサードリンク]





さて、ご自分でEINを申請する場合は、ここからSS-4を開くことが出来ます。

SS-4はpdfファイルであり、入力欄に直接情報を入力することが出来ますが、Internet Explorerを使って開いていない場合は、入力できないことがあります。

入力の方法は、個人で申請する場合と法人で申請する場合で少し異なります。

ほとんどの項目は英語またはローマ字表記の日本語で入力します。

住所のローマ字表記はいろいろな書き方がありますが、ウェブページで役所の公式の表記法を見つけて、その通りに入力してください。後日、封書がIRSからあなたの元に発送されます。都道府県名や市名はどのような表記でも大丈夫ですが、町名や村名などが、もし非公式の表記で入力していると、(ほとんどないと思いますが)、郵便局員が理解できなくてあなたの住所に届かなくなる可能性があります。

例:

東町(読み方: ひがしちょう)

 ○ Higashi-cho
 × Higashi-machi
 × Higashi Town
 × East Town

SS-4を入力し終わったら、電話、ファックス、あるいは、郵送(エアメール)で、それをIRSに提出します。

提出方法としては、英語の発音とヒアリングが得意な方は、手元のSS-4を見ながら電話をかけるのが一番簡単です。

そうでない方は、SS-4用紙を印刷して、ファックスで送信しましょう。

この時、ファックスされた文字がつぶれて、ごくまれに、IRSの職員が誤読することがあります。そうなると、あなたの名前や住所などの情報が誤ってデータベースに登録されてしまいます。誤って登録されたかどうかは、後日IRSから届く封書の内容を見ればわかります。

私の場合は大丈夫でしたが、私の友人の場合、住所が誤って登録されてしまい、そのためか、なかなか返事が届きませんでした。その後、彼は訂正願いを2度出して、ようやく訂正の封書が届きました。

こういうトラブルがあるので、SS-4の提出は早めに行いましょう。もし出版予定日直前にSS-4を提出してトラブルが起きると、出版を遅らせなければならなくなります。

EIN取得方法の詳細は、ここを参照してください。

[スポンサードリンク]





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA