ホーム

plusimage560

自分が書いた書籍が永遠に販売され続ける・・・!?

あなたは、ご自分の知識や経験を書籍にまとめて出版したいと思ったことはありませんか?

たとえ自費出版であっても、あなたの著書が世に出ればお客様から専門家として見なされたり、あるいは、趣味の仲間からも注目されるようになります。

それには、電子書籍と紙書籍の両方を並行出版することが早道です。

すでに言われているように、電子書籍の利用者と紙書籍の利用者は少し違います。

若い人々の中には電子書籍の利用者が増えてきましたが、すべての若者が電子書籍のみを読むようになるとはとても思えません。一方、中高年齢者であれば、今でも圧倒的に紙書籍の愛好者の方が多いのです。

そこで、電子書籍と紙書籍の両方を並行して出版することにより、両方の読者を取り込むことが出来ます。

並行出版のメリットは、このようにして、より広い範囲の読者を獲得できるだけではありません。電子書籍と紙書籍の両方を販売可能にすることによって、意外なことに、その合計の販売数も伸ばすことが出来るのです。

これが、現在、自費出版の最善の方法ではないでしょうか。

スポンサードリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA