声の悩み

相手の声を聞き取りにくい

アートジャムの無料メールマガジンをどうぞ↓ 詳しい情報をお知らせします!

無料メルマガ★声の個性と悩み

悩み

あなたは、会話している最中に、相手の声や言葉を聞き取れなくて、何度も聞き返したことはないでしょうか? あるいは、何度も聞き返すのは悪いと思って、わかったふりをしたことはないでしょうか?

そのような場合、特定の相手の言葉だけが聞き取りにくかったでしょうか?

それとも、多くの人々の言葉が聞き取りにくかったでしょうか?

どちらの場合にしても、相手の声や言葉を聞き取りにくくなるのはなぜでしょうか?

原因

2つの原因が考えられます。

それは、

  1. 特定の人の言葉だけが聞き取りにくい場合、その人の滑舌が悪かったり、声が小さすぎたり、逆に、声が大きすぎることが原因かもしれません。
    声が小さすぎればもちろん聞き取りにくいですが、大きすぎても声が割れたりして聞き取りにくいものです。

  2. 他方、多くの人々が話す言葉が聞き取りにくい場合は、あなたの聴力に問題がある可能性が高いです。
    もし、自宅のテレビの音が以前よりも聞こえにくくなっているならば、間違いなく、聴力に問題があります。

です。

それでは、どうしたらよいのでしょうか?

対策

相手の滑舌が悪かったり、声が小さすぎたりするのが原因の場合は、相手を傷つけないように気を付けて、わかるまで聞き返すか、「それは・・・のことなんだよね?」と別の言葉に置き換えて確認するしかないでしょう。

もし、相手の声が大きすぎる場合で、相手が難聴である場合は、相手に合わせて、あなたも大きな声で話しましょう。

しかし、相手は難聴ではないのに、大きすぎる声で話しかけてくる場合があります。そのような場合は、あなたは、相手に顔をそっと近づけて、ささやきに近い小声で話してみましょう。そうすれば、相手もそれに合わせて、小さい声で話してくれる可能性があります。

もし、多くの人々が話す言葉が聞き取りにくく、あなたの聴力に問題があるかもしれない場合は、耳鼻咽喉科を受診したほうがよいでしょう。音声外来のある病院が見つかれば、そこで見てもらうのがお勧めです。

もし、「補聴器が必要です」と診断されたら、自己判断で補聴器を選ばないで、病院で自分に最適のものを選んでもらうのがよいでしょう。

補聴器をかけると、人の声のほかに、雑音も大きく聞こえるため、うるさく感じて使用をやめてしまう人も多いようです。アナログ式の補聴器はその傾向が強いです。それに対して、デジタル式の補聴器を使えば、雑音を効果的に抑えることができるので、人の声は聞き取りやすくなりますが、完璧ではありません。また、雑音を極端に低く抑えすぎるのも、生活する上で問題があるようです。

補聴器を使いこなすためには、専門家による調整を繰り返したり、長期間耳を慣らしたりする努力が必要です。その覚悟がないと、せっかく補聴器を購入しても、失敗する可能性が高くなります。


コメント

もしスマートフォンから書き込みができない場合は、すみませんがパソコンから書き込んでください。スマートフォンの表示が更新されない場合は、パソコンからご覧ください。
コメントの内容は、アートジャム内のメディアや書籍内で掲載させていただく場合があります。

アートジャムの書籍はこちら↓

アートジャムの無料メールマガジンをどうぞ↓ 詳しい情報をお知らせします!

無料メルマガ★声の個性と悩み