声の悩み

モテ声

アートジャムの無料メールマガジンをどうぞ↓ 詳しい情報をお知らせします!

無料メルマガ★声の個性と悩み

悩み

あなたの声は異性にモテるでしょうか? 自信がありますか? 好感度が高いと思われますか?

あるいは、それとは逆に、自分の声が変に聞こえて、そのために、いつも損していると思うことはないでしょうか?

できることなら、モテる声、他人から好かれる声になりたいですね。

では、モテ声とはどんな声であり、その声になるにはどうしたら良いのでしょうか?

対策

男女を問わず、他人から好かれる声は、一般的には、滑舌が良く、静かで、大きさや高さが安定している声です。話す速さは、普通か、あるいは、ややゆっくりめにしましょう。

ただし、聞く人の好みによって、好まれる声の種類はかなり変わってきます。

また、男性か女性かによっても、好まれる声は変わってきます。

男性にモてる女性の声は、一般には、やや高めで、柔らかで、優しい声です。かわいい声や癒される声が好まれることも多いです。社会的地位の高い女性や年配の女性の場合は、やや低めの、落ち着いた声の方が好まれます。しかし、滑舌があまりにも良すぎると、気が強い感じを与えるので、敬遠されます。力の入りすぎた金切り声は、最も敬遠されます。

女性にモる男性の声は、一般には、やや低めで、太く、明るく、優しく、落ち着いた、頼りがいのある声です。年配の男性の場合は、ややかすれた声(嗄声)が好まれることもあります。しかし、かすれの程度がひどくなって、だみ声や割れ声になると敬遠されます。

変につやのある、ねっとりした声は、人によってはイヤミのある声と受け取られることがあり、男女ともに敬遠されます。(「ねっとりした声」は、「粘つく声」とは別のものです。)

女性は、やや高めで、柔らかで、優しい声になるように、男性は、やや低めで、太く、明るく、優しく、落ち着いた、頼りがいのある声になるように、訓練するとよいでしょう。

発声を改善するための訓練を、ボイストレーニングといいます。

ボイストレーニングを行えば、モテ声になるだけでなく、自信を持った性格になるといった副産物も期待できます。

この発声訓練は、インターネットや書籍を参考にして独学することができます。しかし、教室に通える場合は、その教室で講師から直接指導を受けたほうが良いでしょう。もちろん、歌い方を訓練する教室ではなく、話し方を訓練する教室を選ぶ必要があります。

近くにボイストレーニング教室がない場合は、代わりに、話し方教室や、朗読サークルなどに参加しても、ある程度、代わりの効果が得られるでしょう。

しかし、教室に通うほど深刻ではない場合、自分自身でトレーニングをしてみるのも良いでしょう。




自分でできる簡単なボイストレーニング

モテ声になるためのボイストレーニングは、次のように行います。

まず、発声のための、リラックスするための準備運動をしましょう。

準備運動については、ここを参照してください。)

舌の中央部を下げて声を出すと、声は低くなります。逆に、舌の中央部を上げれば、声は高くなります。「エー」と言いながら、舌の中央部を上げ下げして、声の高さを変えてみてください。

また、喉の奥(気道)を狭くした状態で声を出しても、声は低くなります。逆に、気道を広くすると、声は高くなります。「アー」と言いながら、気道を開いたり閉じたりして、希望する声の高さが出るかどうか試してみましょう。

次に、本や新聞などから適当な短い文章を選び、それをはっきりと朗読してみます。この時、男性は低めの太い声で、女性は高めの柔らかな声で発声しましょう。また、文章を適当な間で区切り、大きさのメリハリをつけて、聞きやすい言葉で発音しましょう。

もし、言葉の発音が不鮮明である、つまり、滑舌が悪いと感じたら、ここも参照してください。

これらを繰り返してください。

ただし、声を長時間出し続けると、声帯を痛めるかもしれません。発声練習は20分程度続けたら、その後、20分程度は声を出さないようにして、喉を休ませてください。

これらの練習をする場合、自分の声を録音してそれを聞いてみて、進歩が見られるかどうか確認してみましょう。この時、録音した自分の声がとても変に聞こえるようであれば、声の録音の説明を参照してください。

独学でトレーニングした場合、効果が出るのが遅くなるもしれません。少なくとも、1か月以上は練習を続けましょう。また、トレーニングで効果が出ても、しばらく休むと元の状態に戻ってしまいます。全くやめてしまわないで、適度に訓練を続けましょう。

それでもモテる声にならない場合は、ボイストレーニングの教室に通ったほうが良いでしょう。

ボイストレーニングの詳しい内容はこの説明を参照してください。


コメント

もしスマートフォンから書き込みができない場合は、すみませんがパソコンから書き込んでください。スマートフォンの表示が更新されない場合は、パソコンからご覧ください。
コメントの内容は、アートジャム内のメディアや書籍内で掲載させていただく場合があります。

アートジャムの書籍はこちら↓

アートジャムの無料メールマガジンをどうぞ↓ 詳しい情報をお知らせします!

無料メルマガ★声の個性と悩み