声の悩み

録音した変な声

アートジャムの無料メールマガジンをどうぞ↓ 詳しい情報をお知らせします!

無料メルマガ★声の個性と悩み

悩み

あなたは、自分の声を確認するために、ボイスレコーダーなどに声を録音して、聞き直したことがありますか?

その時、録音した自分の声はどこか変だ、これは自分の本当の声とは違う、と思ったことはないでしょうか?

一方、自分の声だけでなく、他人の声を同様に録音してみると、他人の声はそれほど変には聞こえないでしょう。

では、録音した自分の声だけ変に聞こえるのはなぜでしょうか?

原因

普通、人は自分の声を聞くとき、

口から出た空気の振動が鼓膜に達した声(気導音)と

自分の頭蓋骨を伝わって内耳に直接届く声(骨伝導による声、骨導音

の両方が混ざったものを聞いています。

気導音は相手が聞ける音ですが、骨導音は、自分だけが聞ける音です。一方、他人の声は気導音のみで聞いているのです。

ところで、録音した自分の声を聞くとき、鼓膜を通した声(気導音)のみを聞きます。録音した声は、骨伝導がない分だけ、細い、変な声に聞こえます。

一方、録音した他人の声は、気導音の録音なので、耳で聞く気導音とほぼ同じ音に聞こえます。

この関係をまとめると、

耳で聞く他人の声=録音された他人の声=気導音のみ … 自然な声

耳で聞く自分の声=気導音+骨導音 … 自然な声

録音された自分の声=気導音のみ … 変な声

ということになります。

他人が自分の声をどう聞いているかを知りたいなら、録音した自分の声を聴いてみるのが一番です。

それでは、この声の違いにどう対処したらよいのでしょうか?

対策

誰でも、耳で聞く自分の声と録音した自分の声は違って聞こえます。

自分の声を他人がどう受け止めるかは、とても大事なことです。したがって、対人関係においては、自分に自分の声がどう聞こえるかよりも、他人に自分の声がどう聞こえるかのほうが重要です。

録音した声は、自分が耳で聞く声よりも、他人の耳に聞こえる声に近いのですが、しかし、全く同じというわけではありません。

したがって、録音した自分の声は変な声であっても、我慢しましょう。それを何度も聞いて、慣れてゆくのが良いでしょう。録音した自分の声を毎日聞いている人は、録音した声が変だとは思わなくなるようです。

ボイストレーニングを行う時は、自分の声を自分の耳で聞くだけでなく、必ず、自分の声を録音して聞く必要があります。そうすれば、他人に対して自分の声がどう聞こえるかが良くわかり、また、どこを修正したらよいかを調べやすくなるからです。




テープレコーダーとボイスレコーダー

実は、録音に使う機械によって、録音された音の質はかなり違ってきます。

テープレコーダーを使うか、ボイスレコーダーを使うかによって、まず、音質が大きく違ってきます。

テープレコーダーを使う場合は、携帯用ではない、やや大きめの装置(ラジカセなど)を使用すれば、特に問題はありませんが、内臓のマイクロフォンの中にはあまり性能が良くないものもあります。その点が問題になります。

というのは、マイクロフォンの特性によって、

品質の良いマイクロフォンを使えば、より自然な声が録音されますし、品質の落ちるマイクロフォンを使えば、より変な音に録音される可能性が高いのです。つまり、自分の声を録音して声のチェックをする場合は、良いマイクロフォンを選択することが重要です。

もし、内臓のマイクロフォンの音質が十分でないと思われた場合は、外付けのマイクロフォンを接続してみましょう。その違いが判ると思います。

また、テープレコーダーの場合は、アナログ録音ですので、人間の耳に届きやすい音がバランスよく録音・再生されます。その点で、デジタル式のレコーダー(ボイスレコーダー)よりも、音質が良く感じられるかもしれません。

さらに、スピーカーの問題があります。人間の声を忠実に再現するには、高級なコンポーネントステレオの大型スピーカーが必要になります。しかし、ラジカセのスピーカーであっても、よほど低品質のものでなければ、音声チェックには十分でしょう。

テープレコーダーを使う場合は、以上の点に注意してみてください。

次に、ボイスレコーダーを使う場合ですが、やはり、マイクロフォンの性能がネックになってきます。

もし、レコーダーに内臓のマイクロフォンの音質が低いと思われる場合は、外付けのマイクロフォンを接続してみましょう。

また、ボイスレコーダーはデジタル録音なので、録音方式の問題が起こります。もし、mp3形式などに圧縮した録音を聞くと、PCM録音(WAVE形式の録音)などの非圧縮の録音と比べて、不自然に聞こえることがあります。ボイスレコーダーは、なるべくなら非圧縮で録音できるものを選びましょう。

さらに、ボイスレコーダーのスピーカーが問題になります。ほとんどのボイスレコーダーは携帯用の超小型のものが多いので、スピーカーも超小型であり、高音の周波数成分を強調した音で再生する傾向があります。そのため、音声を再生してみると、声が実際よりも高めに聞こえたり、厚みがなくなってパサパサした感じに聞こえることがあります。(イヤホンやヘッドフォンで聞いた場合も、同じような問題が起こります。)

そうなると、自分の声を録音したものを聞いてみて、自分の声が高いのか低いのか判断できなくなる可能性があります。

そのような場合は、やや大きめの、高品質の外部スピーカーをボイスレコーダーに接続してみましょう。驚くほど音質が向上して、自然な声に聞こえるため、声の質のチェックが容易になると思います。

そのよう理由から、もし、あなたがテープレコーダーとボイスレコーダーの両方をお持ちの場合は、一般的には、テープレコーダーの方を使うことをお勧めします。


コメント

もしスマートフォンから書き込みができない場合は、すみませんがパソコンから書き込んでください。スマートフォンの表示が更新されない場合は、パソコンからご覧ください。
コメントの内容は、アートジャム内のメディアや書籍内で掲載させていただく場合があります。

アートジャムの書籍はこちら↓

アートジャムの無料メールマガジンをどうぞ↓ 詳しい情報をお知らせします!

無料メルマガ★声の個性と悩み