声の悩み

高い声・高すぎる声

アートジャムの無料メールマガジンをどうぞ↓ 詳しい情報をお知らせします!

無料メルマガ★声の個性と悩み

悩み

あなたは、「声が高いね」とか「うるさいね」と言われたことはないでしょうか?

男性でも女性でも、声が高すぎると、うるさく聞こえたり、子供っぽく聞こえたりしてしまいます。

もちろん、ここで「高い声」というのは、「音量が大きい」という意味ではなく、「音がかん高い」、「周波数が高い」、「キーが高い」、「ピッチが高い」といったことを意味します。

声の大きさが適切で、滑舌がはっきりしているならば、高い声でも、学校や職場で何も問題は起きません。高いか低いかは単なる好みの問題です。

とはいえ、高すぎる声は、一般的に好まれません。高すぎる声を出す本人は喉が疲れますが、聴かされる相手も耳が疲れるのです。

あなたは、もし複数の人から「声が高い」と言われるのであれば、本当に高すぎるのかもしれません。

自分の声が高いかどうかは、自分の声を録音して、それを聞き返してみればわかるでしょう。

では、なぜそういった問題が起きるのでしょうか?

原因

一般的に、身長が低い人は声帯が短い傾向があり、声帯が短いと声が高くなります。 これを、ファントの法則と言います。つまり、身長が低い人が声が高くなるのは、ある程度やむを得ないことです。

一方、声帯の長さが普通の場合でも、家族や友人などが皆、習慣的に高い周波数の音声を出していれば、それにつられて、あなたの声も高くなることがあります。もし、普段、高音域ばかりで話していると、低音域を出しにくくなります。

あるいは、もし、家族や友人と話すときは普通の声の高さなのに、学校や職場で声が特に高くなるようであれば、それは心の緊張からくるものかもしれません。

過去に対人関係などでいやなことがあると、話すことがコンプレックスやストレスやトラウマになって、過度の緊張が起こり、声が高くなる場合があります。こうしたことは、人見知りの激しい人でも起こることがあります。

また、女性の場合、高い声にあこがれていて、無意識のうちに裏声で話している場合もあります。

それでは、どうしたらよいのでしょうか?

改善方法

とにかく、声を低くする必要があります。

声を低くするのは、高くするのと比べて、簡単なことではありません。しかし、どんな人でも、訓練によって、ある程度は低くすることができます。

また、無意識に裏声で話している人の場合は、地声で話せるように訓練することができます。

そのような発声訓練をボイストレーニングといいます。

ボイストレーニングを行えば、声が低くなるだけでなく、滑舌が良くなったり、性格が落ち着いたりするといった副産物も期待できます。

この発声訓練は、インターネットや書籍を参考にして独学することができます。しかし、教室に通える場合は、教室の講師から直接指導を受けたほうが良いでしょう。ただし、歌い方を訓練する教室ではなく、話し方を訓練する教室を選ぶ必要があります。

近くにボイストレーニング教室がない場合は、代わりに、話し方教室や、朗読サークルなどに参加して良いでしょう。

しかし、教室に通うほど声の状態が深刻ではない場合、自分でトレーニングをしてみるのも良いでしょう。




自分でできる簡単なボイストレーニング

高い声や高すぎる声を改善するボイストレーニングは、次のように行います。

まず、発声のための、リラックスのための準備運動をしましょう。

準備運動については、ここを参照してください。)

次に、「あくび」をして、喉が大きく開く感じをつかみます。その状態で「ア イ ウ エ オ」と初めは小さな声で、その後、徐々に大きな声で言ってみます。

舌の中央部を下げて声を出すと、声は低くなります。 逆に、舌の中央部を上げると、声は高くなります。「エー」と言いながら、舌の中央部を上げ下げして、声の高さを変えてみます。

また、喉の奥(気道)を狭くした状態で声を出しても、声が低くなります。「アー」と言いながら、気道を開いたり閉じたりして、声の高さをいろいろと変えてみます。

次に、本や新聞などから適当な文章を選び、それをできるだけ大きな低い声ではっきりと朗読してみます。言葉を適当な間で区切り、大きさのメリハリをつけて、聞きやすい言葉で発音しましょう。

これらを繰り返します。

ただし、声を長時間出し続けると、声帯が痛みます。発声練習は20分程度続けたら、その後、20分以上は声を出さないようにして、喉を休ませましょう。

これらの練習をする場合、必ず自分の声を録音してそれを聞いてみて、少しでも進歩があったかどうか確認してみます。もし、録音した自分の声が変に聞こえるようであれば、「録音した変な声」を参照してください。

通常、自分一人でトレーニングした場合、すぐに効果が出るわけではありません。少なくとも、1か月以上は続けましょう。また、トレーニングで効果が出ても、しばらく休むと元の状態に戻ってしまいます。全くやめてしまわないで、適度に訓練を続けることが必要です。

ただし、声が十分に低くならない場合は、ボイストレーニングの教室を見つけて、通ったほうが良いでしょう。

詳しい内容は、ボイストレーニングの項目を参照してください。


コメント

もしスマートフォンから書き込みができない場合は、すみませんがパソコンから書き込んでください。スマートフォンの表示が更新されない場合は、パソコンからご覧ください。
コメントの内容は、アートジャム内のメディアや書籍内で掲載させていただく場合があります。

アートジャムの書籍はこちら↓

アートジャムの無料メールマガジンをどうぞ↓ 詳しい情報をお知らせします!

無料メルマガ★声の個性と悩み