書籍の制作・出版

Q&A 26 文字の種類と背景色は?

投稿日:2018年2月10日 更新日:

並行出版のアートジャム

文字の種類はどんなものが使えますか?

文字の種類(フォント、書体)は、原則として、見出し用はゴシック体、本文用は明朝体を使ってください。(指定方法がわからない場合は、そのまま入力してください。後から、アートジャム側で編集します。)

もし特殊な文字フォントを指定すると、電子書籍に変換時に、その文字フォントに近い標準の文字フォントに自動的に変換されます。

推奨される日本語文字フォントは、次の通りです:

MS P明朝、MS 明朝、ヒラギノ明朝 Pro ・・・ 本文用の日本語
MS ゴシック、ヒラギノ角ゴ Pro ・・・ 見出し用の日本語
MS Pゴシック、MS ゴシック、ヒラギノ角ゴ Pro ・・・ 本文内の太字用日本語

推奨される英語語文字フォントは、次の通りです:

Century、Times New Roman ・・・ 本文用の半角英数字
Arial ・・・ 見出し用の半角英数字

英字と数字の文字フォントは、本文中では明朝体につりあうように、なるべくCenturyかTimes New Romanを指定してください。一方、見出しの英字と数字の文字フォントはゴシック体につりあうように、なるべくArialを指定してください。(もし指定方法がわからない場合は、指定しないでそのままにしてください。後から、アートジャム側で編集します。)






文字色はどんなものが使えますか?

フォントに文字色を付けることはでき、カラー表示ができる端末ではその違いがわかります。

しかし、Kindle Paperwhiteなどの白黒表示の端末で閲覧すると、文字色の違いはほとんどわかりません。たとえば、標準の文字色を黒、強調したい部分の文字色を赤にしたとしても、そのの違いはほとんど確認できません。文字色はすべて黒のままにしたほうが良いでしょう。

文字を強調したい場合は、色は黒のままで、ゴシック体の太字にしましょう。

文字の背景色はどんなものが使えますか?

フォントに背景色を指定したとしても、電子書籍に変換すると、背景色は表示されません。

また、紙書籍の場合、背景色はつけられますが、本文はモノクロ(白黒)で印刷されるので、背景色は灰色になり、文字が読みにくくなってしまいます。

いずれにせよ、文字には背景色は使わないようにしましょう。

文字を強調したい場合は、文字に背景色はつけないで、その文字をゴシック体の太字にしましょう。






Q&Aトップへ
前のQ&Aへ
次のQ&Aへ

-書籍の制作・出版
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Q&A 7 Amazonから販売するにはどうしたらよいですか?

Amazonから販売する条件 電子書籍や紙書籍をAmazonから販売するには、次の作業を必ず行う必要があります: AmazonのアカウントとAmazon direct publishing (KDP) …

Q&A 34 インタビューから書籍を?

インタビューを行って書籍にするにはどうしたらよいですか? 書籍を書いて欲しい方(何かについての専門家など)が多忙などの理由で書けない場合、あなたがその方にインタビューして、その内容を書籍にすることがで …

Q&A 39 書籍のプロモーション(販売促進)はどうやって行いますか?

Contents1 書籍のプロモーション(販売促進)はどうやって行いますか?1.1 1. 書籍のタイトルと表紙画像の最適化1.2 2. 書誌情報の最適化1.3 3. 発売1ヶ月以上前からのプロモーショ …

Q&A 10 米国の税金はかかりますか?

米国の税金? 2015年から米国のKindleストア(kdp.amazon.com)以外から書籍が販売された場合は、米国の税金がかからなくなりました。つまり、たとえば、あなたの書籍を日本のKindle …

Q&A 22 書籍全体の文字数とファイルサイズは?

書籍全体の文字数はどのくらいが望ましいですか? ファイル容量の制限がありますか? 電子書籍の本文の文字数は、12,000文字~20,000文字が適していると言われています。これは紙の本に直すと、30ペ …