声の悩み

硬い声

アートジャムの無料メールマガジンをどうぞ↓ 詳しい情報をお知らせします!

無料メルマガ★声の個性と悩み

悩み

あなたは、最近喉が荒れて、声が硬くなっていませんか?

声の柔らかさが失われて、とげとげしい、疲れやすい声になっていませんか?

硬い声とは、聞き苦しい、不愉快な音です。

自分の声が硬い声であるかどうかは、自分の声を録音して、それを聞き返してみればわかります。

では、このような不快な声になるのはなぜでしょうか?

原因

喉を硬く締め付けて、強い息で声を無理やり出そうとすると、硬い声になります。

硬い声が、さらにひどくなると、だみ声になったりします。

硬い声は、声を出すときに喉を締め付けすぎるのが原因で起こります。

その声で、もし、活舌が悪いと、さらに聞きにくい不快な声になります。

このような声をカラオケなどで長時間出し続けると、声帯が炎症を起こして、喉が痛くなってきます。

また、タバコを吸っている人は、タバコの煙に含まれるタールが原因で声帯に炎症が起こりやすいため、このような声になりやすいと言われています。

それでは、どうしたらよいのでしょうか?

改善方法

喫煙者は禁煙しましょう。

喉を締め付けて発声する癖がついている場合は、喉の力を抜いた状態で声を出す練習をしましょう。

顎を斜め後ろに引いて、あくびをすると、喉の力が抜け、喉(声帯)が緩みやすくなります。その状態で息を適度に抜きながら声を出すと、柔らかな発声になります。しかし息を抜きすぎると、不明瞭な発声になります。

もし、滑舌が悪い場合は、唇や舌をよく動かす練習をする必要もあります。

そのような発声訓練をボイストレーニングといいます。

ボイストレーニングを行えば、硬い声を防げるだけでなく、性格が穏やかになったりするといった副産物も期待できます。

この発声訓練は、インターネットや書籍を参考にして独学することもできますが、もし近所に適当な教室がある場合は、その教室に通って、専門家から直接指導を受けた方がよいでしょう。ただし、その際に、歌い方を訓練する教室ではなく、話し方を訓練する教室を選ぶ必要があります。

近くにボイストレーニング教室がない場合は、話し方教室や、朗読サークルなどに代わりに参加しても、ある程度の効果が得られるでしょう。

しかし、教室に通うほど深刻ではない場合、自分でトレーニングをしてみるのも良いかもしれません。




自分でできる簡単なボイストレーニング

硬い声を改善するボイストレーニングは、次のように行います。

まず、喉の力を抜いて発声する練習をします。

まず、発声のための、リラックスするための準備運動をしましょう。

準備運動については、ここを参照してください。)

次に、「あくび」をして、喉が大きく開く感じをつかんでください。これが、喉の力を抜いた状態ですので、覚えておきましょう。その状態で「ア イ ウ エ オ」と、最初は小さな声で、その後、徐々に声を大きくして発音してみます。

次に、本や新聞などから適当な文章を選んでください。その文章をできるだけ柔らかな声で、喉の力を抜き、はっきりと朗読してみます。その際、言葉を適当な間で区切り、大きさのメリハリをつけて、聞きやすい言葉で発音しましょう。

これらを繰り返します。

ただし、声を長時間出し続けると、声帯を痛めることになります。発声練習は20分程度続けたら、その後、20分程度は声を出さないようにして、声帯を休ませたほうがよいでしょう。

これらの練習をする場合、必ず自分の声を録音してそれを聞いてみて、発音が矯正されたかどうかを確認してみましょう。もし、録音した自分の声が変に聞こえるようであれば、録音した変な声についての解説を参照してください。

一般に、自分だけでトレーニングした場合、すぐに効果が出るわけではありません。少なくとも、1か月以上は練習を続けましょう。また、トレーニングで効果が出ても、長い間休むと元の状態に戻ってしまいます。全くやめてしまわないで、細々とでも練習を続けることが必要です。

ただし、十分な効果が得られないと思われた場合は、ボイストレーニングの教室に通ったほうが良いでしょう。

詳細は、ボイストレーニングの説明を参照してください。


コメント

もしスマートフォンから書き込みができない場合は、すみませんがパソコンから書き込んでください。スマートフォンの表示が更新されない場合は、パソコンからご覧ください。
コメントの内容は、アートジャム内のメディアや書籍内で掲載させていただく場合があります。

アートジャムの書籍はこちら↓

アートジャムの無料メールマガジンをどうぞ↓ 詳しい情報をお知らせします!

無料メルマガ★声の個性と悩み