書籍の制作・出版

Q&A 22 書籍全体の文字数とファイルサイズは?

投稿日:2018年2月10日 更新日:

並行出版のアートジャム

書籍全体の文字数はどのくらいが望ましいですか?
ファイル容量の制限がありますか?

電子書籍の本文の文字数は、12,000文字~20,000文字が適していると言われています。これは紙の本に直すと、30ページ~50ページに相当します。スマートフォンを使って、通勤・通学や昼休みなどのすきま時間に読書する場合は、この程度の文字数が適当と思われます。一方、電子書籍の内容が40,000文字(100ページに相当)以上になると読者は書籍の内容の全部は読んでくれないと言われてきました。しかし、最近では大画面のタブレットやパソコンでじっくり読書する人々が増えてきましたので、この限りではありません。書籍の内容に応じて書籍の文字数を決めてください。

これとは別に、Amazonの電子書籍にはファイルサイズの制限があります。文字情報と画像をすべて含んで電子書籍形式に変換した時の合計ファイルサイズは650MB以内に収めなければなりません。1 枚の画像ファイルの最大ファイルサイズは 5 MB です。表紙画像の最大ファイルサイズは 50 MB です。

ただし、書籍のサイズが10MBを超えると3G回線ではダウンロードできないことがあるので、購入者が敬遠して販売冊数が低下する恐れがあります。

紙書籍の場合にはファイルサイズの制限はありませんが、ページ数が多くなると書籍の定価が高くなります。NexPublishing出版サービスを使って印刷する場合、モノクロ100ページの本で最低販売価格が720円、カラー100ページの本で最低販売価格が1450円になります。できたら販売価格は1,500円以内に収めましょう。

また、商用出版の紙書籍は通常オフセット印刷機で印刷されますが、オンデマンド印刷の紙書籍は通常レーザープリンターで印刷されます。レーザープリンターで印刷した紙書籍は、現状では、カラー写真の色が少しくすんで黒っぽくなってしまうので、写真集や画集にはあまり適していません。






Q&Aトップへ
前のQ&Aへ
次のQ&Aへ

-書籍の制作・出版
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Q and A 2. 電子書籍にはどんな長所・短所がありますか?

Contents1 電子書籍の長所2 電子書籍の短所 電子書籍の長所 電子書籍の長所とは何でしょうか? それは電子書籍を従来の紙書籍と比較すると明らかになります。 電子書籍は印刷費・製本費・運送費(配 …

Q&A 15 書籍の企画・原稿作成から出版・発売までの手順と料金はどうなっていますか?

Contents1 書籍の制作手順2 制作料金3 制作の制限3.1 書籍内容の制限3.2 技術的な制限 書籍の制作手順 アートジャムでは、書籍を次の手順で制作いたします。 連絡は原則として電子メールで …

Q&A 24 印刷された原稿や手書きの原稿は?

Contents1 印刷物や手書きの原稿しか用意できないのですが、それでも出版できますか?1.1 参考 印刷物や手書きの原稿しか用意できないのですが、それでも出版できますか? 出版できますので、ご安心 …

Q&A 7 Amazonから販売するにはどうしたらよいですか?

Amazonから販売する条件 電子書籍や紙書籍をAmazonから販売するには、次の作業を必ず行う必要があります: AmazonのアカウントとAmazon direct publishing (KDP) …

Q&A 42 アートジャムによる出版のメリット?

Contents1 アートジャムによる出版にはどんなメリットがありますか?2 アートジャムによる出版にはどんなデメリットがありますか? アートジャムによる出版にはどんなメリットがありますか? 電子書籍 …