名前の入力

名前の入力

日本語の名前はローマ字で表記して入力します。

ローマ字の表記法にはいろいろありますが、お好きな表記方法を使って結構です。

例: 松下 太郎

→ Taro Matsushita

Tarou Matusita
Taroo Mazusita など

姓名の順序

日本ではクレジットカードのローマ字表記が、「名+姓」の順なので、それに合わせて表記するのが良いでしょう。「名」(first name)の入力欄と「姓」(last name / family name)の入力欄が別々に用意されている場合は、「名+姓」の順に自動的に並びます。

例: 松下 太郎

→ Taro Matsushita


「名+姓」の入力フォームの例


姓名2行入力の例

ただし、入力欄が1つしかなく、また、クレジットカードと無縁なサイトでは、「姓+名」でも「愛称」(ハンドルネーム)を入力しても構いません。

例: 松下 太郎

→ Matsushita Taro

Taro
Tarochan など


ちなみに、中国語や韓国語の姓名のローマ字表記は、「姓+名」の順序で表記します。

例: ケ 小平 (とう しょうへい、ダン・シャオピン)

→ Deng Xiaoping


例: ペ・ヨンジュン

→ Bae Yongjun

Bae Yong Joon


日本では、姓名のローマ字表記は、幕末から明治初期までは「姓+名」表記と「名+姓」表記が両方行われていましたが、欧化主義の鹿鳴館時代以降、「名+姓」表記にほぼ統一されました。ただし、これでは日本人の名前として不自然なので、現在の中学校の英語教科書では「名+姓」表記に変わってきています。一般社会でも、将来は「名+姓」表記が一般化すると思われます。

名刺での表記例: 松下 太郎
→ MATSUSHITA Taro (姓をすべて大文字で表記して、名と区別している)